12.02
Tue
やはり、ネット社会、
情報はすぐに拡散するし、
すぐに収集出来るもんだな(笑)




劇場版 名探偵コナン!!!
2015年4月18日公開予定!

ポスターフラゲ!!!!!


まぁ、最初はボカシますよ♡(笑)

サムネにも出ちゃうから(*´艸`)








まぁね、向日葵ってのは分かっておったのでね、
そして、キッド様もね♪♪






てか、この目つきなんなんすか!!!!www


主人公をめちゃニヤリしてるんですが!!!!!(๑¯∇¯๑)










で、全容は!!!!














































































































































































































































































































































































































































































































Twitterで拾いました。



タイトルは、
『業火の向日葵』

あれれ~??
英語読みがない!!!!



そうか~そうか~
2000年に公開した、
『瞳の中の暗殺者』以来の全日本語読みってことだ!!!





内容は“ゴッホ”が関わって来るそうな・・・(´^ω^`).。oO(前にコメントで教えてもらった



『探偵たちの鎮魂歌』にも少しヒントがあるそうな・・・・ (´^ω^`).。oO(前にコメントで教えてもらった




情けないかな勉強不足・・・・。(´-ω-`)


こんな拾い物でしかblogが書けない自分が本当に情けない・・・・



でもでもでもでも!!!!!!!

水曜日、サンデー買ったらもっと大々的に書くで!!!!!!



あと約4ヶ月で観れるっていう現実!!!!!!!!!!!キタ(・∀・)コレ!!
関連記事
スポンサーサイト
comment 7 trackback 0
トラックバックURL
http://edgeprivateeye.blog.fc2.com/tb.php/492-ed3a5971
トラックバック
コメント
因みに今回のキッドは滅茶苦茶ダークな感じみたいだよ。

多分それも罪を着せられた状態になるんだろうけどね。

フライングスタートは、画像だけでなく内容も。
kaii | 2014.12.02 09:01 | 編集
自分が知ったのは、アメーバのブログで画像を知った後、その画像に載ってあったURLで中国のブログに辿り着いて内容を知ったという感じ。

それと「探偵たちの鎮魂歌」の「夜のカフェテラス」のことは、実は本当は知らなくてそれも調べてみて分かったこと。

そういえば絵画といえば、昔美術の教科書で東山魁夷の絵を見て、あんな絵を書けたらなと思っていたりしたものだな。
kaii | 2014.12.02 09:23 | 編集
そういえば思い出したけど、ドラマで「科捜研の女」があるけど、その監督は、大体仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズを担当している人がやっていたりしているみたいだから、そういった点でもこの「業火の向日葵」というのも、楽しみな要素がある。

だからどんな出来になっているかは、これからの楽しみかもしれない。

それに櫻井さんも、「絶海の探偵」のとき、必死に原作の意図を理解しようとしていたりしたみたいだから、今度はどんな感じになっているかということも楽しみかもね。
kaii | 2014.12.02 12:05 | 編集
kaiiさん、コメントありがとうございます!!
返信遅くなりました!><

中国の方のブログって情報網が凄いんですね!
いや、kaiiさんの情報量が凄いです!!!
いつも本当にコメントありがとうございます♪

今回の映画もまた一味違ったものになりそうですよね!!!
ダークな感じのキッド・・・楽しみですね♪
最近はコナンもマンネリ化を防ぐためか、脚本家にも監督にもこだわり始めましたよね~!
でも、まさかまた櫻井さんになるとはビックリでしたけど!^^
| 2014.12.05 01:07 | 編集
あ、といっても、マンネリ化を防ぐために脚本に違う人を起用し出したのは、最近の話じゃないけど…。

というのも、実は「ベイカー街の亡霊」で初めて違う脚本家の人を起用したみたい。

それにしても、「ベイカー街の亡霊」見たけど、何度も見てしまうくらいにはまっちゃった。現実的でないにしても、よくよく考えると「コナン」って、世界観としては、現実的にしているけど、意外とSF要素があって、場合によれば、SFミステリーに数えられたりしていることもあるくらいだから、こういうのもありだなと思うようになってしまったね。

もし「ベイカー街の亡霊」みたいな、またいつも以上にSFまたはファンタジー要素の多いものを作ることがあったら、最近人工知能もいろんな分野で使われるようになったし、ロボットに関係した犯罪も出てきだしたから、アンドロイド等のようなロボットを題材とした作品を出してほしいなと思っていたりしているんだけどね。

他にも、BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)とかもね。そんなことを言ったら、「サロゲート」みたいな感じのものがよさそうな気がするけど。
kaii | 2014.12.05 12:07 | 編集
それとアシモフの「われはロボット」に収録されてある「証拠」の要素も。
kaii | 2014.12.05 14:04 | 編集
kaiiさん、返信がだいぶ遅れました!
沢山のコメントありがとうございます♪
まとめてこちらに返信させていただきますね!(ご了承ください…)

その情報量本当に素晴らしいですね!!!
kaiiさんはブログなどやられていないんですか!?
もしやられているなら考察とか物凄く的中させそうですよね!!!( *´艸`)


映画の特報や公式HPも更新されましたね♪
特報の作画がちょっと気になるところですが、本編では通常に戻っていれば…と思っております(^^;)

内容もやはり大規模な感じですね!!!
劇場版は、通常のアニメでは出来ないこと、
アニメ映画にしか出来ないこと、
これをやるチャンスなので、思い切ってやってほしいと思ってます♪

『ベイカー街の亡霊』こそ特殊な脚本家さんでしたね!(その後お亡くなりになられましたが…)
改めてこの作品を観たときに、冒頭から少年の死を描くって…
当時は私もまだ子供だったので深く思いませんでしたけど、
冷静に考えるとアニメ映画で凄いことやってるな…と(笑)
でも、最後に青山先生の一声でホームズを出してくれて、まとまりが生まれたので、
青山先生の一声は偉大だな♪とも感じる映画です(*^-^*)
| 2014.12.11 04:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top